社会人の時にお金に困った時の経験

社会人の時にお金に困った時の経験

日々の生活の中でお金に困ってしまった経験は誰でも一度は必ずあると思います。

 

私自身も急な出費でお金に困ってしまった経験があるのでその時の経験について書いてみたいと思います。

 

これは私が社会人になって働き始めてから3年ほど経ったくらいの時のことです。

 

私は高校を卒業してから働き始めていたのでそこまで給料が高くありませんでした。

 

毎月の生活費や趣味などにお金を使ってしまい全く貯金をしていない状態でした。

 

このままだと急にお金が必要になった時に困ることになるのは分かっていたのですが仕事のストレスを発散するためにも趣味のお金は削りたくありませんでした。

 

そんな感じで生活をしていたらある時自宅のパソコンが壊れてしまいました。

 

パソコンは仕事をする上で必要なものだったので修理か新しいのを買う必要があったのですがそこで困ったことになりました。

 

実はパソコンが壊れる数日前に前々から欲しいと思っていたゲーム機を買ってしまったのでお金に全く余裕がありませんでした。

 

仕事に使うものなので何とかする必要があるけどお金に余裕がなく、しかも給料日まで10日ほどあるという状況でした。

 

色々と考えてもいい手が思い浮かばず結局親に頼み込んでお金を借りてなんとかしました。

 

社会人にもなって親にお金を借りることになりとても恥ずかしいという気持ちになりました。

 

日頃からお金を大事に使って貯金していれば急にお金が必要になっても対処できたのにと考えると自分が日頃からだらしない生活をしていたんだなと反省しました。

 

その経験もあって急にお金が必要になっても困らないように日頃から節約を心掛けて出来る限り貯金をするようにしています。

 

お金は人生を幸せに生きるためには必要なものだと思うので大事に使っていくようにしたいと思います。